%

{$smarty.const.META_ARTIST}

2019.08.27

いつもT-SQUAREを応援してくださるファンの皆様へ

【河野啓三より近況報告がございます】

退院のご報告

2/6(水)の緊急入院から早いもので季節は半周し夏も終わろうとしていますが、
私、河野啓三は先日8/23(金)に無事退院いたしました。
各病院の素晴らしいスタッフ皆様のサポートに支えられ、日常生活への復帰が叶い
ました。しかしながら、後遺症のうち左手の麻痺が重く完治に至っていないため、
引き続き通院治療を継続します。
現時点では、演奏活動へ直ぐにでも復帰したい気持はあれどままならない状態で
す。運良く右手は普通に動作可能であり、全く何も出来ないという訳ではないなが
らも、今後の活動に関しましては、T-SQUARE メンバー スタッフ皆様と相談のも
と慎重に進めたいと思います。
応援下さっています皆様へは、引き続きご迷惑ご心配をおかけする形となってしま
う事を心よりお詫び申し上げます。

以下、自分の病状と経過について簡単に説明したいと思います。

2月に発症しました脳出血、右被殻に中程度の出血で手術する事も無く退院直前の段
階では血腫も引いています。発症の原因は瞬間的な血圧の上昇によるものとの事
で、この先は血圧のコントロールに注意すれば再発のリスクは抑えられるそうで
す。
これに対して後遺症は、大雑把には左半身の麻痺と軽度の高次脳機能障害が出まし
た。とくに左上下肢の麻痺は重度のもので、発症時には左手は肩から先が全く動か
ずでしたし、左足もコントロール不能のためおよそ4ヵ月間車椅子生活を送る事とな
りました。
しかし、急性期、回復期、各病院の療法士皆様の卓越したリハビリ治療の成果によ
り、足は杖と補助装具を使用しての自立歩行が可能な状態で退院に至りました。日
常生活に支障が全く無いとは言えませんが、大きな回復を得られたと言えるところ
です。
左手は、全く動かない状態から、肩、肘、と僅かづつ動くようになり、指を自発的
に動かせたのが発症から3週間ほど経った頃の事でした。この頃、担当して下さって
いた作業療法士さんへ、さりげに「再びピアノを弾く事はできますか?」と質問し
たところ、少しの間をおいてから「前の様にはいかない。」と返答頂きました。あ
る程度自分には受け止める準備がありましたがショックが無かったわけではありま
せん。ただ、この先生の誠実な対応に抱いた感謝と尊敬の念はそれ以上に大きいも
のでした。回復期に入ると、少しづつながら着実に機能が戻って来るのを実感しな
がらリハビリに自主トレに明け暮れる毎日でした。ですが、回復期の後半に差し掛
かる頃から、回復スピードが緩まって来た事も実感しました。むしろこの頃、静か
に確実に自分を囲み始めた現実に諦観の境地を覚えるようでもありました。発症か
ら半年程度経つと出血で壊れた脳細胞に代わり新たに覚醒された神経回路が固定し
回復が止まると言われているそうです。ただその先は全く戻らないという事でもな
く回復へ向かう可能性もあるそうですが、リハビリを諦めればその時点で止まるら
しいです。
現在具体的には、左手でお茶碗を持てない、両手で顔を洗えない、とか、ラジオ体
操も出来なくて恥を掻きそう、韻ふんでも猫踏んじゃったが弾けない、等々、現実
的に厳しい状況ではあります。
今後は通院治療へ移行しリハビリを継続するわけですが、今より少しでも僅かでも
回復を目指し、背負った障害に向き合ってこの先の人生を歩みたいと思います。
利き手である右手が正常である事は不幸中の幸でした。現状の左手機能回復段階に
おいても、表現者、クリエイター、としての道が断たれる事に直結するわけではな
い事、各病院のスタッフ皆様、同じ時間を過ごした入院患者さん皆様が教えて下さ
りました。
自分に出来る事、自分の道を見つけ進んで行きたいと思います。

そして、当面は T-SQUARE の次作アルバムへ向けての新曲制作にあたり、12月の
神戸チキンジョージと日本橋三井ホールでの公演へは何らかの形で参加出来るよう
にしたいと考えています。
皆様へまたお会い出来る事を楽しみにしています。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

2019年8月27日
河野啓三

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
T-SQUAREを応援下さっています皆様へ

この度は、私、河野啓三の急病のため多大なるご心配をおかけすることとなり本当に申し訳ありません。
2/6(水)脳出血による緊急入院となったのですが、今は病状も比較的落ち着きまして、回復に向け順次治療にあたっています。そして日々その成果も確認出来ています。
1日も早い活動復帰を目指し精進して参ります。
皆様へまたお会い出来る事を楽しみにしています。
2019年3月4日
河野啓三
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

スクエアの歴史の中で、メンバーの一人が病に倒れるという
かつてない事態に大変狼狽、どうしていいか分からないでいました。
ちょうどニューアルバムのプリプロをほぼ終えた段階だったので、
河野君の新曲を発表する意味でもL.A.でのレコーディングを強行したところです。
キーボードには伊東さんの朋友でもあるフィリップ・セスを起用し、
すでに現在ミックスの真っ最中です。
まだ若く才能豊かな音楽家である河野君は復帰にむけて頑張っています。
スクエアも彼の努力に答えるべく活動(コンサート、アルバムリリース)を継続し
彼の復帰に備えることとしました。
どうぞこれまでと変わらぬ皆様の応援をお願いしたいと思います。
                               安藤正容
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
いつもT-SQUAREを応援してくださるファンの皆様へ
2019年2月9日
突然の御報告お許しください。
本年春の新作レコーディングが迫った2月6日、メンバーの 河野啓三 が脳出血のために緊急入院しました。
幸い命に別状なく、河野本人はご家族との会話も意思疎通も問題無くできる状況にあります。
医師の話によると、少なくとも1か月の入院加療とその後のリハビリが必要との事ですので、
大変残念ではございますが、早期の復活に向けて治療に専念するため、当面の間、河野は休養し、来週から始まる次作のレコーディング、ライブセッション、
3月下旬の韓国ソウル単独公演への河野啓三の参加、出演を見送ることとなりましたこと、ご報告致します。
皆さまにも大変ご心配をお掛けしますが、今は何よりも治療を最優先し、
早期の回復と復帰をお待ちいただきたく、ここにお願い申し上げる次第です。

T-SQUARE メンバースタッフ一同


私、2月6日23時半過ぎにご家族からの連絡で彼の緊急入院を知りました。
それを受け、、、メンバー&スタッフは本年中のすべての日程をキャンセルするか、そのまま実施するか、急ぎ結論を出さなくてはならず大変に悩みました。
河野啓三という、現Tスクエアの音楽的司令塔、音楽監督的存在抜きにレコーディングなど到底無理としておりましたところ、
既に河野本人が新作用に楽曲を用意し、編曲も終わっていた事。
その内容を代役プレイヤーで実施(演奏)できるなら予定通りレコーディングを止めず、進めて欲しい意向がある旨、
河野本人の言質をご家族経由で知りました。
本人の早々の回復、復帰の意思意欲の現れとして受け止め、何としてもレコーディングの実施へと大きく舵を切ることにしました。
とはいえ、そう簡単に代役が見つかるほどスーパーなプレイヤーが暇な筈はなく、彼の意向をどう実現できるか苦心惨憺しておりました。
というのは、今回このメンバーでは初のロスアンジェルス・レコーディングを考えていて、既に全ての準備が完了し、後は渡米するのみという状態だったからです。
苦慮しつつも実施に向けて彼方此方に連絡を取っていたところ、永くお付き合いのある、米国LA在住のPhilippe Saisse 氏がサポートの名乗りを上げてくれました。
本当にありがたいことです。
私は、河野啓三の意向を受けとめ、次作にこの代役(と言っては申し訳ないほど素晴らしい音楽家です!)の参加を決めました。
もちろん河野くんの承諾済みです。
彼の意思を受け、今まで以上の作品にするべく、残されたメンバー一同スクエア魂を賭け、新作作りに励みます。
河野啓三の一日も早い回復と完全復帰を祈り、彼の想いを双肩に背負いながら、
当分の間、(復帰はお医者さまの承認が下りたところで行います。)
残されたメンバーで、サポートミュージシャン(代役)の力を借りながら、本年、デビュー41年目にして初めて経験する波乱万丈音楽激動活動に挑みたいと思います。
河野不在での寂しい想いは、ファンの皆様も、同じ釜の飯を食べているTスクエアの皆も一緒です。
いつでも彼が復帰できるようメインキーボード奏者の椅子は空けています。
完全復帰の際は真っ先にこちらに情報をアップします。
御心配をおかけする御報告で甚だ恐縮ですが、
今後とも、どうかファンの皆様の変わらぬ御支援、御協力を河野啓三、Tスクエアに賜ります様、よろしくお願い致します。

T-SQUARE Music Entertainment Inc. CEO/Producer 青木幹夫

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
※この書面は、弊社代表:青木が記し、河野啓三の御家族の承諾をいただいた書面をそのまま掲載しております。